貸切マイクロバスで観光するメリット・デメリット

皆様こんにちは。沖縄県でロケコーディネート・貸切バス観光のお仕事をしているロケーションファーストです。

さて、以前「貸切バスと貸切タクシーの違い」についてこのBLOGで説明しました。それぞれのメリット・デメリットについて詳しく説明をさせて頂いたのですが、今回は貸切バスについてもっと深く皆様に知ってもらいたいと思い、この記事を書く事にしました。

これから沖縄に関わらず貸切バス観光を考えている方は非常に参考になると思いますので、ぜひお読みください!

上の2枚の車の写真を見て下さい。大きさが全然違うのが分かりますか?でも2枚とも「バス」なんです!

一概にバスと言っても様々な種類があるという事ですね。例えば皆様が普段乗られる事が多い路線バスは「大型バス」です。

大型バスは名前の通り、バスの中でも30名以上乗る事ができる大きなバスの事を言います。

一方弊社は大型バスではなく「マイクロバス(29名まで)」と「ミニバス(14名まで)」専門です。

弊社の場合はロケコーディネート会社ですので、ロケバスとして使用する事が多いマイクロバスやミニバスが専門という事です。

 

ここからはぶっちゃけ話です。弊社は数年前までロケコーディネート業のみの会社でしたが、バスが空いている時間を利用して貸切バス観光を始めました。その為正直言って当時は観光バスの知識があまりない状態で見切り発車でした(笑)

しかし!マイクロバスが貸切バス観光に非常に向いていた事が発覚 したのです!!!

 

それを一言で言ってしまえば値段です。マイクロバスは大型バスや中型バスに比べると断然お得だという事を見つけてしまったのです!

(元々なんとなくは知っていたのですがまさかここまでとは…!という感じでした笑)

弊社の貸切バス観光ページを見て頂けると分かるのですが、貸切バスはざっくり言うと時間と距離によって料金が決められます。

例えばですが、長時間×長距離だと料金が上がり、短時間×短距離だと比較的料金を抑える事ができます。この料金システムは法律によって定められいるので全国共通です。そしてバス料金は上限額と下限額の中で算出する決まりがあります。(あまりにも安すぎるバス会社は違反をしている可能性が高い為注意です。複数のバス会社から見積もりを取る事をオススメします。)

 

ちょっとややこしいかもしれませんが、超簡単に言えば法律で決められている「バス会社がお客様に請求できる金額」が、大型バスや中型バスに比べてマイクロバスは圧倒的に安いという事です!

という訳でマイクロバスが観光バスに向いていると言う事ですね。めでたしめでたし。

 

「…あれ?じゃあなんで世の中の観光バスは大型が多いんだ?」とお思いになる方もいるでしょう。そうです。残念ながらマイクロバスには大きなデメリットもあるのです。それはやはり乗車人数です。基本的にはマイクロバスの乗車人数は運転手込みで29名乗りです。

一方大型バスは55名ほど乗る事ができます。残念ながら大人数の旅行となるとマイクロバスじゃ勝ち目なしですね(^_^;)

 

つまり

28名までの団体様はマイクロバス

29名以上の団体様は大型バス

を使用されるのが良いと思いますよ♪